NEW POST

職場体験@お弁当屋さん

1/19/2017 の日記

中学校の授業の一環で下調べやら、事前のご挨拶等を着々と済ませ、いよいよ職場体験の日でした。

当日はお弁当屋さんで現地集合でしたので、少し早めに着いてしまいますが、本数の少ないバスで行くことにしました。
本数は少ないが、家から1分のところにバス停があり、お弁当屋さんもバスを降りて1、2分のところに位置していたので好都合でした。

顔が緊張しすぎのかいさん
b0043452_10575047.jpg



今時のバスは本当によくできていて、車椅子だとわかると、運転手さんがさっと降りてきてくれて、真ん中あたりにある広い扉のところに格納されているスロープを手動で設置し、かいさんを車椅子席まで押して、安全ベルト装着までやってくれました。
そういった介助をしながら、「どちらまで行かれますか?」と降車地点も聞いてくれます。
緊張しながらも目的地のバス停をちゃんと伝えることができました。よしよし。

今回お世話になった運転手さんは、手際も良く、本人への声かけ「後ろ向きにすこし下がります」とかちょっとしたことでも丁寧にかつ無駄なくしてくださり、すばらしい方でした。なかなか慣れないと声かけってできないものですよね。
でも乗っている方は予測がついた方が安心なのではないかといつも思います。


↓黄色い輪留め、予想以上にバスは揺れるので、つけてもらって安心でした。
b0043452_10153133.jpg

↓ベルトをタイヤに装着
b0043452_10154217.jpg

バスの降車時も運転手さんが全部手伝ってくれました。なのでおそらく介助者の私はいなくても物理的には大丈夫。
スロープがあることで、多少手間はかかりますが、運転手さんにとっても特に力仕事ではありません。
他のお客様には待っていただくことになるので、都会ではなかなか難しいのかな・・・。
そういったことを当たり前に受け入れてくれる国、環境であってほしい。
車いすでどこまでも一人で行ける世界。


バス停からお弁当屋さんまで進んでいくかいさん
b0043452_10155196.jpg

ドキドキだね。

そしてこれは後日学習室のお便りにその日の様子を載せてもらった時の画像

b0043452_10165540.jpg
ちゃんと働いている〜!!

お昼は300円で賄い弁当を頂いたそうです。
お店の担当者の方が忘れていて、かいさんが帰りの際に「お支払いがまだです」と気付いて、お昼代を支払いましたw

帰りは1本もバスがなく、駅までと駅からの徒歩の時間を考えると、直で歩いて帰ってしまった方が良さそうだったので、遠いのを覚悟で歩きで帰りました。私のジョギングコースですが、かいさんにとっては初めての距離です。


↓とにかく早く帰りたいらしい。
b0043452_10162020.jpg
お疲れ様でした。働くことは大変で、でもとても大切なことだね。
トイレ介助もしてくださるとのことでしたが、本人は緊張していたため、1度も行かなかったそうです。
私からは想像もできませんが、9時から17時近くまで行かなかったことになる・・・。
他人に手伝ってもらうことはやはり気がひけるのかもしれないが、体への負担も心配だし、トイレ介助は永遠のテーマです・・・。




Commented by DOC MAGOO at 2017-02-16 21:59 x
しっかりお仕事してきたようで。えらいぞ、かいさん。おつかれさま!
車いすで一人でどこまでも…かぁ…、早く実現したいよね。田舎なんて、エレベーターがない駅ばかりだし、バスも車いす対応の車両がまだまだ少ないから、電話で乗車予約必須、予約なしでバス停にいてたまたま対応車両が来たとしても、空席があったとしても乗車拒否という有様。交通各社には、車いすに乗る人にも、そうじゃない人にも、優しくあってほしいものだよ。そこが成ってないから、車いすの人が他の乗客に余計な気を使っちゃうんだよね。
乗り物好きのMAGOOとしては、この手の話題には結構熱くなっちゃうのだ〜( ̄▽ ̄;)
Commented by flyingkite at 2017-02-18 13:54
> DOC MAGOOさん
ありがとうございます!公共の乗り物は誰でも利用しやすいものであるべきですよね。
田舎での乗車拒否とかありえないです!それってただのいじめですよね。
でもそういう運転手っていつの時代もいるんだなぁ。私が田舎の小学生だったとき、バス通学だったのですが、バス停で待っていても手を挙げないとスルーされるんです、運転手に。
よくもまあ子供相手にそんな「手を挙げてなかったから!」みたいな理由でバス停に人が待っているのにスルーできるなぁって呆れたもんです。お客を乗せないならバスじゃないじゃん!w しかも1時間に1本とかだから・・・。4、50分かけて歩いて家に帰るわけです。

だったらどうして運転手になったんですか?って思う。なのでそれはもう障がいがあるからとかないからとかじゃなくて、運転手の人間性ですよね・・・。

そうなんです。「車いすですが、何か?」って言える環境にしたいw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by flyingkite | 2017-01-19 23:04 | 中学校 | Comments(2)

車いすライダーかいさんと過ごす日々& フィンランド生活の思い出 時々弟のゆうきんぐと猫のCleoも登場♪


by ソフィ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30